ごあいさつ

私たち日立グループは、イノベーションを通じて、さまざまな分野に対し、社会課題の解決に貢献する「社会イノベーション事業」をグローバルに展開しています。
これは、情報事業で培った把握・分析・予測などのIT(Information Technology)、そしてインフラ事業で培った制御・運用などのOT(Operation Technology)、さらに製造業として長年培ったモノづくり力を活用し、お客さまやパートナーのみなさまと協業しながら、社会インフラの高度化、ビジネスの革新、付加価値の創造など、新たな価値を創造する取り組みです。
アーバンソリューションビジネスユニットは、この新たな価値を「まち」の分野で創造していこうと、2016年4月に設立いたしました。
人々を思いやり、心地よくするために、IoTプラットフォーム「Lumada」をはじめとしたデジタル技術を活用し、ビルや施設、駅・街、生活・社会インフラなど「まち」を支えるさまざまな分野のお客さまとの「協創」によって創造した価値あるソリューションで、人々の「Quality of Life」の向上に貢献するとともに、社会の持続可能な発展に貢献してまいります。

株式会社 日立製作所
執行役常務
アーバンソリューションビジネスユニット CEO
小林 圭三


This article is a sponsored article by
''.