画像: ビル街区サービス

IoT技術を活用して、ビル街区の価値最大化に貢献します

ビルの中には空調、照明、カメラ、昇降機などさまざまな設備が入っています。その設備をIoTで結んで、たくさんのデータを取得できる時代になってきました。
日立は設備から取得したデータと人の行動分析(人流分析)で得た人の流れのデータを取り込み、それらを合わせてさらに価値を向上する提案を進めています。センサーを活用し、電力使用量や温度・湿度などさまざまなビル内の情報を取得・分析することで、設備のオペレーションとメンテナンスの最適化を行うファシリティ最適化サービス、オフィススペースにセンサーを設置して、デスク、会議室、その他のオフィススペースの利用状況を把握し、最適な提案を行うワークプレイス最適化サービスなどを提供します。

日立は、ビッグデータやAIデータ分析に基づくさまざまなサービス提供を通じて、ビル街区の価値最大化に貢献します。

This article is a sponsored article by
''.